このサイトは、若さを保つ方法を日々研究し、その研究結果を無償で皆様にご報告する情報サイトになります。若さを手に入れたい方は是非ご覧ください。

menu

若さを保つ方法研究所

LATEST ENTRIES

1人暮らしで貯金をするなら食費を自炊で節約

一人暮らしで生活費を管理する場合、ついついどんぶり勘定になってしまいがちです。特に社会人の場合、余ったら貯金に回そうと思っていても、気がついたら何も残ってなかったという事態に陥ってしまいます。これでは、できる筈の貯金もできません。 会社か…

カサカサ肌に悩む女性へ

鋭敏スキン・乾燥肌に耐える女性は多いと思います。単に年齢を重ねるにつれ、スキンのカサカサに悩む女性は多いのではないでしょうか。 若い頃はにきびなどの発疹が出来たり、カサカサよりはスキンの油分に悩まされたと思います。しょっ中、あ…

手間なし・うるおい小顔マッサージ

手間がかからず、肌のうるおいと小顔を同時に叶える方法をご紹介します。 用意するものは、無添加の固形石鹸と、化粧水と、乳液です。 いずれも安価なものでよいのですが、 ご自分の肌に合うもの、つまり使って肌トラブルを起こさないか確認の上…

あそこが臭い…それは年齢のせいではありません!

男性が女性を評価する際、女性ではなかなか気付かない点があそこ…いわゆる陰部、もしくはデリケートゾーンのにおいです。 これは年齢に関係なく、臭い女性は臭いと言われています。 原因は人それぞれですので、対策方法もそれぞれ…かと思いき…

若さを保つためのヘアケア方法

若さを保つためにスキンケアやメイク、ファッションには気を使っていても、髪の毛がパサパサでつやが無いという方をたまに見かけますよね。 それはすごくもったいないことです。 スキンケアやメイクなどと同じくらい、ヘアケアにも力を入れていきた…

最近、ときめいてますか?

思い返してみて下さい。 若い頃って、色々な事にときめいていませんでしたか? 好きな異性や憧れの異性に対してはもちろん、同性でも憧れの存在の方に声をかけてもらった時などには思わずときめいてしまうものです。 また、マンガやアニメの…

頑張りすぎない若見えメイク術

メイクで少しでも若く見せたい! 多くの女性達が望んでいることではないでしょうか。 しかし若く見せるためには、若い世代の女子のようないわゆる盛りメイクをしたり、涙袋にラメ入りのアイシャドウを入れたり、ファンデをがっつり塗ってシミを隠し…

心が老けると見た目も老けてしまうって本当?!

「なんだか最近老けた気がするな」 「もう○○歳になっちゃったし、老けるのも無理ないのかな」 などと悲観的になっていませんか? このような考え方をしていると、不思議と本当に老けて行ってしまうんだそう。怖いですよね! ○○歳だし…

筋力、筋肉量をキープして、若さもキープ!

老けて見える原因には、姿勢の悪さも挙げられますね。 猫背気味に歩く姿は、やはり若々しさからはほど遠いといえるでしょう。 姿勢を良く保つためには、実は筋力が欠かせません。 疲れるからと言って体を動かすことを避けていては、ますます老け…

若さを保つためには食事にも気を配って

若さを保ついと言えば外側からのケアを一生懸命頑張ればよいというイメージがあるのですが、内側からのケアも同じように大事です。 食事の内容にも気を配って若々しさを保ちたいものですよね。 「若々しさ」から連想する食べ物とはどんなものでしょ…

さらに記事を表示する

最近のコメント