キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと

数多くあるキャットフードの中から、愛猫に合ったものを選ぶのは大変ですよね。有名メーカーのもので価格が高くないものを選ぶのが一般的かもしれません。しかし、選ぶ方を間違えると愛猫の健康を害することにもつながりかねません。最低限注意したいことを覚えておくことは大切です。

まず、気をつけたいのが、「総合栄養食」であるか「一般食」であるかです。総合栄養食は、これだけ食べていれば猫に必要な栄養素が摂取できるキャットフードで、「カリカリ」と呼ばれるドライタイプのキャットフードです。水分さえきちんと摂取していれば、このキャットフードだけで日々の食事はOKです。但し、ドライタイプのキャットフードで格安のものは総合栄養食でない場合があるので、パッケージに「総合栄養食」と記載されているものを選んで下さい。

ネコちゃんの年齢によって、キャットフードを変えた方が良い場合もあります。成長期の子猫は多くのカロリーが必要ですが、成猫よりは食べられる量が少ないので、十分な栄養が摂れません。この場合、栄養価の高い「子猫用」のキャットフードがオススメです。また、老猫は運動量が落ちて、消化機能が衰えてきます。成猫用のキャットフードをガツガツ食べていれば問題はありませんが、食欲が落ちてきたら「老猫用」のキャットフードを試してみることも必要です。

もうひとつ注意したいのが、保存料です。長期保存できるドライキャットフードには、当然保存料が配合されています。この保存料の中には、法律で使用が認められていても発がん性が疑われるものがいくつかあります。特に「エトキシキン」「BHT」「BHA」という酸化防止剤は要注意です。これらの保存料が表示されているものは避けた方が良いでしょう。

また、ネコちゃんは食事にはわがままな部分があります。折角選んだキャットフードでも味が気に入らなければ食べてくれません。「チキン」「ターキー」などの肉か「サーモン」「マグロ」などの魚か、愛猫の好みを理解してあげることも大切です。

最近は、無添加や穀物不使用のプレミアムキャットフードも登場していますが、価格も高いので経済的には負担が大きくなります。まずは、愛猫の健康維持のために最低限必要な選択基準を明確にして選ぶことから始めて下さい。そして、愛猫の様子を観察して、さらに良いキャットフードにチャレンジしていくことも大切ですね。

(参考URL)
キャットフードを選ぶときに最低限気をつけておきたいこと
http://www.revitalcohen.com/minimum.html

© 2018