キャットフード選びに迷ったら

初めて猫を飼う人にとって、キャットフード選びはそう簡単ではないでしょう。どんなキャットフードにしたら良いか迷ってしまいますね。

キャットフード選びで迷ったら、まずは、「選ばない方が良い」キャットフードを知ることが大切です。迷った結果、質の悪いキャットフードを選んで愛猫の健康を害しては元も子もありません。少しでも愛猫の健康に良いキャットフードを選ぶようにしましょう。

では、選ばない方が良いキャットフードとはどんなものでしょうか?

ひとつは、原材料です。キャットフードには原材料が記載されています。「○○ミール」や「肉副産物」などと表示されているものは要注意です。肉や魚などの具体的な原材料名が書かれているものを選びましょう。

また、添加物も要チェックです。「エトキシキン」や「BHT」「BHA」などは発ガンのリスクが指摘されているので、このような添加物が配合されているキャットフードは避けた方が良いでしょう。また、人工の合成着色料にも注意が必要です。「赤色40号」「赤色102号」「青色1号」「青色2号」「黄色4号」など健康を害する恐れのある着色料が含まれているキャットフードは選ばない方が無難です。

このようなキャットフードは、価格が安いものに多く見かけられます。非常に安い価格のキャットフードには気をつけましょう。

また、原材料のメインが、「トウモロコシ」や「小麦」などの穀類になっているものは、猫にとっては消化がしづらく腸に負担がかかるので、肉や魚がメインの材料になっているものを選びましょう。

キャットフードには、「ステージ別」「猫種別」に分かれているものがあります。ステージ別のキャットフードには、「子猫用」「成猫用」「老猫用」「肥満猫用」などがあります。肥満が心配なネコちゃんには、肥満猫用を選ぶのがオススメです。成長期の子猫は、カロリーが多く必要なので、栄養が豊富な「子猫用」を選ぶのが良いでしょう。老猫の場合は、健康であれば成猫用でも大丈夫ですが、噛む力が弱くなったり食欲が衰退した時は、老猫用を試してみることも大切です。

健康な成猫であれば、総合栄養食のドライキャットフードを選ぶのが一般的です。原材料や添加物をチェックして、愛猫の嗜好性に合ったキャットフードを選んで下さい。

(参考URL)
キャットフードの与え方で困ったら
http://www.vierstra.com/4images_templates_2.htm
キャットフードの進化と猫の健康
http://www.petemergencytreatment.com/evolution.html
キャットフードの原材料
http://www.mozart2006.net/eng/tid_lambach_16111/direktlink.php

© 2018