ドライキャットフードとウェットキャットフードではどちらが良いのか

キャットフードには、大きく「ドライキャットフード」と「ウェットキャットフード」の2つのタイプがあります。

ドライキャットフードは、水分含有量が10%以下で「カリカリ」と呼ばれている粒状のキャットフードです。多くのネコちゃんが毎日の食事として食べているのがこのタイプです。

なぜ人気かと言えば、価格が安いので飼い主にとっては経済的だからです。また、水分が少ないので開封後でもきちんと保存すれば長持ちします。何よりも大きなメリットは、「総合栄養食」であることです。格安のドライキャットフードのには「総合栄養食」でないものがありますが、ほとんどのドライキャットフードには「総合栄養食」と記載されています。総合栄養食とは、猫に必要な栄養が全て含まれているキャットフードのことです。栄養のバランスが考慮されているので、毎日の食事として与えていれば栄養不足の心配はありません。

但し、注意したいのが「水分不足」です。ドライキャットフードを与える場合は、必ず水が飲めるように、近くに水皿を置いておきましょう。

ウェットキャットフードは、水分含有率が75%以上のキャットフードです。柔らかい生肉に近い食感はネコちゃんの嗜好性に合った「ご馳走」でもあります。水分が多いので食べながら十分に水分補給ができます。ウェットキャットフードでも総合栄養食のものもありますが、多くは「一般食」なので栄養のバランスは良くありません。ウェットキャットフードだけを食べていると栄養不足になるので要注意です。

ドライキャットフードとウェットドライフードのどちらが良いかは一概には言えません。成長期の子猫には、栄養が必要なのでドライフードがオススメです。但し、噛む力が弱いので慣れるまではふやかして柔らかくして与えるのが良いでしょう。成猫の場合は、ドライキャットフードをメインにしますが、時々はウェットキャットフードを「ご馳走」として与えて、ネコちゃんの嗜好性を満足させてあげるのも大切です。老猫になると噛む力が弱くなるのでドライキャットフードでは食べづらくなります。ウェットキャットフードをメインにして、栄養不足にならないように時々ドライキャットフードを与えるのがベストです。

ドライキャットフードとウェットキャットフードは、愛猫の成長や体調を考慮して使い分けることが大切ですね。

(参考URL)
ウェットフードのメリット・デメリット
http://www.theadstop.com/infoDesk/PressCoverage/05,01,02,0200.asp
ドライとウェットはどちらが良いのか
http://www.nortellearnit.org/careerbyteslearning/
ドライキャットフードの特徴
http://www.marccohn.net/001.html
ウェットタイプのキャットフード
http://www.jaxsurfcam.com/uextutotaipu.html

© 2018