このサイトは、若さを保つ方法を日々研究し、その研究結果を無償で皆様にご報告する情報サイトになります。若さを手に入れたい方は是非ご覧ください。

menu

若さを保つ方法研究所

1人暮らしで貯金をするなら食費を自炊で節約

一人暮らしで生活費を管理する場合、ついついどんぶり勘定になってしまいがちです。特に社会人の場合、余ったら貯金に回そうと思っていても、気がついたら何も残ってなかったという事態に陥ってしまいます。これでは、できる筈の貯金もできません。
会社からお給料を貰っている場合、やはりお勧めは「給与天引きの財形貯蓄」です。

社会保険料や税金などが差し引かれるのと同じように、銀行口座に振り込まれた時点で天引きされているので確実に貯まって行きます。給与天引きの財形貯蓄は引き出す際に多少手続きが面倒な物もあり、手を付けにくい物ですからなるべく使いたくない貯金にはピッタリの制度です。

普段の生活にかかる費用を押さえるのも、貯蓄を増やそうとするに当たっては大切なポイントです。一人暮らしでも減らしにくいにが住居にかかわるお金、いわば固定費です。これは一人でも二人でも変わらないため、なかなか節約し辛い部分です。
逆に、流動的な費用は節約しやすいと言えます。その代表が食費です。食費を節約する為に欠かせないのが自炊ですが、一人分の材料を料理の度に購入していては割高になってしまう場合も多いので、工夫が必要になってきます。
野菜の中でも、葉物など下処理して冷凍できるもの、根菜のように日持ちするものなど、まとまって購入しても使いきれるものを選びましょう。

肉類の中でお勧めは鶏の胸肉です。茹でただけでいろいろな料理に使え、ハムのようにパンに挟んだり、細く裂いてサラダにしたり、スライスして薬味で食べたりと万能です。栄養価も高く、しかも同じ鶏のモモ肉などと比べると単価がずっと安い節約の味方です。
一人暮らしを始める際に色々な電化製品を揃えると思います。

将来の為の貯蓄を考え、自炊して食費を節約しようと考えているとしたら、冷蔵庫だけは大きめを選びましょう。調理に仕方によっては冷蔵庫で3日から一週間持つ料理はたくさんありますし、米を炊いて一回分ずつ冷凍しておく方がその都度炊くよりも節約になります。
一人暮らしで自炊をマスターしておくことは人生の財産になります。

息ピュアはこちらから!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031