このサイトは、若さを保つ方法を日々研究し、その研究結果を無償で皆様にご報告する情報サイトになります。若さを手に入れたい方は是非ご覧ください。

menu

若さを保つ方法研究所

若さを保つためには食事にも気を配って

若さを保ついと言えば外側からのケアを一生懸命頑張ればよいというイメージがあるのですが、内側からのケアも同じように大事です。
食事の内容にも気を配って若々しさを保ちたいものですよね。

「若々しさ」から連想する食べ物とはどんなものでしょうか。

やはり、「ビタミン」を連想する方が多いのかもしれませんね。

若さを保つために積極的に摂りたいビタミンは、A、C、Eです。

ビタミンAは皮膚、粘膜などを強化してくれる働きがありますし、乾燥肌にも有効です。新陳代謝を良くしてくれる効果も期待できるでしょう。
ビタミンAが含まれる食品は、ウナギやレバー、卵などです。
さらに、βカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換される栄養素ですので、こちらも積極的に摂取したいですね。
βカロテンが含まれる食品は、ニンジン、ホウレン草などの緑黄色野菜などです。

ビタミンCには抗酸化作用があるとともに、シミなどを防いでくれる効果があります。若さを保つためには必要なビタミンといえますね。
摂りすぎた分は体外に排出されてしまいますので、毎日摂りたいですね。
ビタミンCが多い食品はイチゴやキウイ、柑橘類などです。

ビタミンEにも抗酸化作用があります。さらに紫外線対策や血行促進効果もあります。
マーガリンやヒマワリ油、ツナ、ピーナッツなどに豊富に含まれますので積極的に摂取しましょう。

また、便秘をすると血液によって全身に毒素が行き渡ることになってしまいます。それにより、肌荒れやニキビなどを引き起こすことも。
これを防ぐためには、食物繊維の多い食材を摂取しましょう。

しかし、ビタミンの多い食材ばかりを摂取して肉や魚、炭水化物を少なくしすぎるのも良くありません。
お肌はたんぱく質によって作られますから、バランスの良い食事を心がけましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年10月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031